テーマ:農地法や農振法の規制緩和をしてほしい・娘さんのことと政治家になった想いについて

“沖縄の農業と観光をもっと結び付けたい”
「沖縄は農業×観光×商品販売の結びつきが弱い」と現状を訴えた池原さん。
今の私たちに求められているのは、

コロナ過で大きく変わった世界観で生まれた、可能性を見つけだすこと。
そしてその可能性を今後にどう繋いでいくのか。


サキマの政治と沖縄への想いも見えた対談です。
お互い親族に政治家がいる池原さんとサキマ淳に熱く語っていただきました。

サキマ
サキマ

こんばんはー!今日はよろしくお願いします。

池原
池原

こちらこそお忙しい中よろしくお願いします!

サキマ
サキマ

池原さんは農業をされてるんですよね。

池原
池原

僕は10年以上農業をして。

電商菊を生産して販売する仕事をずっとしてるんですが、観光農園に興味があって。

サキマ
サキマ

はい。

池原
池原

ある時ハワイに視察に行ったら、

農業↔観光が深く関係してることに驚いて

サキマ
サキマ

うん。

池原
池原

沖縄でもできないかなと思って、
観光農園で電商菊をしたらたくさんの方が来てくれたのが3年前なんですよ。

サキマ
サキマ

3年前に、農業×観光をしたんですね!

池原
池原

そうです!
ずっと電商菊しかやったことなかったんですが、観光にもチャレンジしたくて。

サキマ
サキマ

はい。

池原
池原

サキマさんが公約で、観光業に1,000億円かけるというお話を聞いたので!

サキマ
サキマ

はい。

池原
池原

観光農園って、大きな可能性を持ってると思うので伝えたくて!

サキマ
サキマ

はい。
まず僕がわからないのが、観光農園が沖縄にどのくらいあるのかということと、認知度がどのくらいなのか。

池原
池原

はい。

サキマ
サキマ

あとは、沖縄の気候的に大丈夫なのか。
でも新たな分野としてのポテンシャルはあると思います。

池原
池原

はい。

サキマ
サキマ

見せ方も課題だと思うんですが、実際の電商菊はどのような感じですか?

池原
池原

電商菊の観光農園では、花が咲いてる状態はなかなかお客様にお見せできないんですよ。

サキマ
サキマ

電気を照らしてるからね。

池原
池原

つぼみの時期に収穫するので、花が咲いている状態をお見せできないデメリットがあって。

サキマ
サキマ

うんうん。

池原
池原

そこで色々考えて、ひまわりを畑に植えてみたんです。
そしたら、すごくたくさんの方がきてくれて!

サキマ
サキマ

はいはい。

池原
池原

観光の会社と組まずに、SNSだけでひまわり畑に1万2千人集客したんですよ。

サキマ
サキマ

1年間で?!

池原
池原

そうです。ひまわりが咲くタイミングもあるので、年中オープンできるわけじゃないんですけど。

サキマ
サキマ

すごいですね!コロナ過で!?

池原
池原

はい。でもすごいとは思ってなくて。
この時期でこれだけの人が来てくれるなら、今後は10倍20倍って難しくはないと思ってるんですよね。

サキマ
サキマ

沖縄の観光として、うちなんちゅも観光客も何かを探してるよね。
何かを見たり体験したりしたいと。

池原
池原

そうなんです。

サキマ
サキマ

その中でヒットしたから1万2千人に繋がってるのかなと。

池原
池原

しかも、ほとんんどのお客様が県内の方でした。
今度インバウンドが戻ってきたときには大きな可能性があると感じてます。

サキマ
サキマ

そうだね。

池原
池原

少し話が戻るんですけど、
僕がハワイで驚いたのは、個人の農家さんが観光農園をしてたんですよ。
果樹園のおじさんが、観光客をトラクターの後ろに乗せて、収穫した実を直接朝食として出していて。

サキマ
サキマ

うん。

池原
池原

一人1万円で、夫婦で参加して2万円だったんですけど、一緒に参加した観光客は15名くらいいて。

サキマ
サキマ

はい。

池原
池原

そこで、「すごいなこのおじちゃん!!」って思ったんですよ。

サキマ
サキマ

(笑)

池原
池原

僕らもこんな観光農園やりたいな!と思ってたら、僕らの次にもまた15名来たんですよ(笑)

サキマ
サキマ

ほお。

池原
池原

これを1日に何回転もしてることに驚いて。

サキマ
サキマ

ということは、1回で15万円を1日に何回転もするから、1日の売り上げは結構な額ですね。

池原
池原

はい!すごいじゃないですか。

サキマ
サキマ

うん。

池原
池原

ツアー会社と組んで、流れと形ができてることがいいなと思って、沖縄でもやりたいと思ったんですよ。

サキマ
サキマ

うん。

池原
池原

例えば北海道のラベンダー畑も、年間200万人くらいの来園者がいて、ラベンダーの商品も売れてるので。

サキマ
サキマ

そうですね。

池原
池原

集客とお土産の繋がり方がしっかり連動してるなと、
沖縄ってそういところが弱いと感じて。

サキマ
サキマ

うん。

池原
池原

そこを強化するために、サキマさんにお願いしたいことがあって。

サキマ
サキマ

はい。

テーマ①:農地法や農振法の規制緩をしてほしい

池原
池原

観光農園ってハードルが高くて、

サキマ
サキマ

なるほど(メモ)

池原
池原

農地法と農振法というものがあって、ルールがあるんですよ。

サキマ
サキマ

うんうん。

池原
池原

僕らが作ってる花は売れるんですけど、花をデザインした服は売れないんです。

サキマ
サキマ

うん。

池原
池原

農地法って農地を守るためにあるので必要性はわかるんですが、昔の法律がずっと続いてるので。
現代と辻褄が合わない部分がたくさんあって、可能性を潰してしまってるんです。

サキマ
サキマ

それはいけませんね。

池原
池原

なので、農地法や農振法をもっと規制緩和してほしいんです!
集客に合わせて農作物を売ったり、ライブコマースで売ったりできると、多くの方に知ってもらうキッカケにもなるのかなと。

サキマ
サキマ

うん。ちなみに、観光農園をやってる方は周りに多いんですか?

池原
池原

少ないです。ハードルが高いので、農業者は生産販売に集中するしかない現状というか。

サキマ
サキマ

結論から言うと、沖縄はいろんな観光パーツを探した方がいい。
あとは、沖縄独特の農業や自然があるので、観光資源として成り立つならやった方がいいと僕は思うんですね。

池原
池原

はい。

サキマ
サキマ

やれるような環境作りも大切だと思います。
今の沖縄の観光業はすごく打撃を受けてるし、

池原
池原

はい。

サキマ
サキマ

ただし、こういう機会にもっとアレンジ精神を持っていかないといけない。

池原
池原

はい。

サキマ
サキマ

沖縄の体験型サービスは、他県にはない独特の観光資源なので、観光農園はもっといろんなことができるはず。

池原
池原

はい。

サキマ
サキマ

見せ方や店販売方法で、二次的な消費を促すことができるはずですから。

池原
池原

はい。

サキマ
サキマ

ただ、周りの人たちがどう思うかだと思いますよ。
農地は一人だけがやってるわけじゃないので、周りのエリアとかね。

池原
池原

そうですね。

サキマ
サキマ

もしかしたら、考えたことがヒットして観光客が行く場所になるかもしれないし。

池原
池原

そうですね。
サキマさんは沖縄の観光はどうなっていくと思いますか?

サキマ
サキマ

今までは数字だけを求めていた沖縄でしたけど、ハワイを抜いたと言っても中身は違うんですよね。

消費額や滞在日数が違うとか。

池原
池原

そうですよね。

サキマ
サキマ

数字も大切だけど、インバウンドと国内向けのすみ分けをちゃんとした方がいいと思うのと。
理想はコロナ前に近づけること。

数字もそうだし、付加価値をつけるような沖縄の観光資源を戦略的に持ちたいなと。

池原
池原

はい。

サキマ
サキマ

消費額や満足度に繋げていく、具体的に新しい観光の在り方を考えていかないとね。

池原
池原

そうですね!
もうひとつサキマさんに聞きたいことがあって

テーマ②:総決起大会の娘さんのスピーチを聞いて

池原
池原

僕、子どもがいるんですけど、サキマさんの娘さんの総決起大会の文字起こしを読んで感動して!

サキマ
サキマ

(笑)

池原
池原

すごく愛されてますよね!

サキマ
サキマ

(笑)子育ての割合は家内の方が多いんですけど(照)

池原
池原

いやー……娘さんの言葉に本当に感動しました!!

それで、なんでこんなに娘さんから愛されてるんだろうと思って。

サキマ
サキマ

娘が言ってたように、僕も思春期の頃は親父が嫌でしたよ(笑)

池原
池原

(笑)

サキマ
サキマ

表に出て、なんか注目されて、市長になって。
「その人の子どもでしょ」と言われて。

池原
池原

選挙カーが走ってるのが嫌だったと言ってましたよね。

サキマ
サキマ

あれは正直に言ってると思います。

池原
池原

はい。

サキマ
サキマ

娘が専門学校を卒業して時間があったので、今年の参議院選挙の時に試しに政治の世界を見てみたらと話して。

池原
池原

はい。

サキマ
サキマ

そこでいろんな大人と接する機会があって、今のように思ってくれたのかなと。

池原
池原

僕、スピーチを聞いて読んで。

本当に感動しました。

サキマ
サキマ

ありがとうございます。

池原
池原

政治家の子どものリアルな言葉ですごいなと。
あの言葉から、サキマさんの全てが見えたというか。

サキマ
サキマ

はい。

池原
池原

「お父さんが政治の最前線で戦って、4年前の県知事選で始めて負けたんです」と、

サキマ
サキマ

うん。

池原
池原

「それから4年間、毎朝誰よりも早く起きて、毎日手を振って……」と書いてあって、

サキマ
サキマ

(笑)

池原
池原

それは娘さんが言ってくれたから、事実を知れたというか。
お手ふりを毎日見てた人も居たと思いますけど。

サキマ
サキマ

うんうん。

池原
池原

だけど、読谷に住んでる僕らからすると、娘さんが言ってくれないとわからなかったです。

サキマ
サキマ

選挙が終わると、1~2週間くらいお手ふりするんですよ。

池原
池原

はい。

サキマ
サキマ

私が4年間もやってるから(笑)でも、これが当たり前で普通だったんですよね(笑)

池原
池原

サキマさんからしたら普通のことかもしれないですけど。若い人からすると、生産性を考えてしまいますよ(笑)

サキマ
サキマ

(笑)

池原
池原

サキマさん自身も政治家の息子さんですよね

サキマ
サキマ

はい。

池原
池原

政治家の子どもとして、娘さんの気持ちってわかるところがあるんですか?

サキマ
サキマ

僕は娘より素直じゃなかったかな(笑)

池原
池原

何か思うところがあったんですか?

サキマ
サキマ

選挙って4年に1回あるけど、僕は親父の選挙を手伝ったことがほどんどなくて、

池原
池原

はい。

サキマ
サキマ

うちの娘より年を食って、親父の最後の選挙を手伝ったくらいだから
親父の背中を見てる経験は娘より少ないかもしれない。

池原
池原

宜野湾市議になられたときと、お父様が亡くなられたことは運命的だと感じましたか?

テーマ③:政治家になったきっかけと想い

サキマ
サキマ

僕はいろんなところで、政治家になったきっかけを話すんだけど

池原
池原

はい。

サキマ
サキマ

親父が議員で議長という立場で、公務中にくも膜下出血で亡くなって。

池原
池原

はい。

サキマ
サキマ

タラレバだけど、もし親父が生きていたら、僕は政治には関わってなかったと思う。

池原
池原

はい。

サキマ
サキマ

変な話だけどね。そこから今に至るということになる。

池原
池原

サキマさんは沖縄県内での立ち位置にこだわってる部分はあるんですか?

サキマ
サキマ

市長になったときに考え方が変わって、

池原
池原

はい。

サキマ
サキマ

あのときは、いきなり社長になって、1000名ほどの社員をかかえているようなものなので。

池原
池原

はい。

サキマ
サキマ

旧体制でやってきた人が多く、抵抗感がある人もいらっしゃったので、私にとって良い刺激と勉強になりましたね。

池原
池原

はい。

サキマ
サキマ

その経験が大きくて、問題や課題があると「長」が非常に大事になると。
沖縄を変えるためには、県知事という職責がポイントになるんですよね。

池原
池原

はい。

サキマ
サキマ

私にとっては、宜野湾市長のときに“宜野湾市を変えた”というか、改革できたと思うので

池原
池原

なるほど、

サキマ
サキマ

やればできるし、やらないとできないだろうと思います。

池原
池原

そうですよね!最後にひとつだけいいですか!

サキマ
サキマ

はいどうぞ。

“サキマ淳はなぜ県知事に挑むのか”

池原
池原

県知事に立候補することで批判されたりたたかれたり、かなり大変だと思うんですよ。
メリットの比じゃないというか……
それでも、なぜ県知事に挑めるんですか?

サキマ
サキマ

基地の問題を解決しないと沖縄は次のステージに行けない気がするので。

池原
池原

はい。

サキマ
サキマ

できるだけ早く解決して、基地問題が無くなった沖縄を見たいんですよね。
今、返還されて活用されている土地を見てると、返還されてなかったら建ってない建物がある。
今課題にある土地が返還されたら、どう活用して、みんなが喜ぶかなと。

池原
池原

なるほど……その想いをサキマさんは背負えるんですね……

サキマ
サキマ

誰かがやらないといけない。

「誰がやるか」なんですよ。
誰でもいいんですけど。(笑)

池原
池原

(頷く)……

サキマ
サキマ

選挙は判断するきっかけなんです。
私は「誰かがやってくれるだろう」の誰かに選んでもらったから、やるしかないだろう!と。

池原
池原

なるほど……
今日はサキマさんとこんな風に対談させていただけて嬉しかったです。

サキマ
サキマ

こちらこそ、農業と観光農園のことを聞かせてもらえて勉強になりました!
ありがとうございました。

池原
池原

こちらこそ今日はありがとうございました。

ルールが古くなったままのことが多い沖縄。
それを、丁寧に解決していくことが今、必要です。


コロナ過で落ち込んだ観光産業を、農業でどう盛り上げていくのか。
私たちには、どんな可能性があるのかを考えなくてはいけません。


サキマが話す今後の沖縄へ想いが、カギになりそうです。


「サキマの公約」「農業の今」を知りたい方は、
サキマ淳のサイトかInstagramをチェックしてみてください。


今回のインスタライブはコメントがとても多く、かなり割愛した記事となっています。
気になる方は、サキマ淳のInstagramアカウントよりご覧ください。

https://www.instagram.com/reel/Ch9xvX3JCin/