総合事業とは

防衛省が指定する基地(米軍駐留基地及び自衛隊基地)が所在する市町村に対し、

基地周辺の住民の生活の安定と危険性の緩和を目的とし、

市町村が総合的に計画をする事業につき、

おおむね5年間で10億円の支援を防衛省がするものです。

今回、宜野湾市においては3年間で総額10億円の事業化が実現しました。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
TOP