普天間飛行場の危険性除去、5年以内の運用停止を目指し、内閣官房長官、外務大臣、防衛大臣、沖縄県知事、宜野湾市長で構成する「負担軽減推進会議」を発足しました。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
TOP