まちづくり事業

  • -

市道伊佐・大山線の改良工事完了

総工費:2億4878万円

全長:1639m


  • -

市道大山7号開通

総工費:25億6000万円

全長:800m

全幅:12〜16m


  • -

  • -

  • -

一括交付金を活用したまちづくり

・市民会館改修

・道路景観整備事業

・文化財標識


  • -

  • -

  • -

  • -

広域火葬場の建設を検討

近隣市町村と連携し広域火葬場の建設を検討しています。


  • -

市道宜野湾11号の建設に着手しました。

22年間余り中断していた事業を再開し、

全線市道認定を議会の承認を得ると共に、

実施設計が完了しました。

(平成32年度完成予定)


  • -

普天間飛行場周辺まちづくり事業

普天間飛行場周辺まちづくり事業は真栄原地区と合わせてエリアを拡大しました。


  • -

大謝名街区公園他多くの公園を総合事業にて実施しました。

総合事業とは

防衛省が指定する基地(米軍駐留基地及び自衛隊基地)が所在する市町村に対し、

基地周辺の住民の生活の安定と危険性の緩和を目的とし、

市町村が総合的に計画をする事業につき、

おおむね5年間で10億円の支援を防衛省がするものです。

今回、宜野湾市においては3年間で総額10億円の事業化が実現しました。


  • -

真志喜公民館建設及び我如古公民館改修

真志喜公民館建設及び我如古公民館改修については、

予算化し、平成27年度〜28年度に完成予定。


  • -

喜友名公民館改修事業

・総工費:約6550万円

・自治会負担額:1200万円


  • -

長田公民館及び児童館建設

多世代交流拠点のモデルとして

地区公民館と児童館を号築する予定です。

・総工費:約4億450万円

・自治会負担額:1800万円(従来より、約1億600万円負担軽減


  • -

上大謝名公民館建設

総合事業補助(75%)を活用及び市補助規則を改正し、

自治会負担の軽減を実現しました。

・総工費:約2億3000万円

・自治会負担額:約1000万円(従来より、約4200万円負担軽減)


  • -

本県初となる防衛省補助制度「防衛施設周辺整備統合事業」を活用して、地域公民館をはじめ公園、道路などの施設整備に積極的に取り組みました。

防衛省が指定する基地(米軍駐留基地及び自衛隊基地)が所在する市町村に対し、基地周辺の住民の生活の安定と危険性の緩和を目的とし、市町村が総合的に計画をする事業につき、おおむね5年間で10億円の支援を防衛省がするものであり、宜野湾市では努力の甲斐あって、3年間で総額10億円の事業化が実現した。

 

☆上大謝名公民館建設

☆長田公民館及び児童館建設

☆喜友名公民館改修事業

☆真志喜公民館建設

☆我如古公民館改修 等

 


  • -

国、県、市による「宜野湾市振興に関する協議会」を発足

国、県、市による「宜野湾市振興に関する協議会」を発足し、各事業への取り組み強化をいたしました。

 

【内閣府】宜野湾市の振興に関する協議会

http://www8.cao.go.jp/okinawa/9/9131.html


  • -

市内の全防犯灯をLED化

自治会が管理する全ての防犯灯をLED化し、市及び自治会の負担軽減を図ります。

総事業費:1億3227万円

10年間での削減額:

市負担減額 約700万円

自治会負担減額 約4000万円


私と一緒に明るい未来のある宜野湾市を作っていきませんか?